競馬の仕組>オッズについて

投資競馬とは?こんな疑問を競馬の仕組>オッズについてではお伝えします。

スーパー投資競馬法 実践ブログ

競馬暦15年の経験が生み出した独自投資競馬法でのレース結果・トータル収支結果を公開中

TOPへプロフィール競馬必勝レポートプレゼントご連絡はこちらから競馬勝ち組 メルマガ競馬関連 相互リンク
投資競馬法

競馬をする人の共通目的・・・。それは競馬で勝つということ。
これを否定する人はいないハズ。 レース予想し的中させることは大切です。
しかしそれだけで競馬で勝ち続け、儲け続けることはまず不可能。

競馬をはじめてから15年以上・・・負けても負けても
諦めずに勝つための競馬法を研究してきました。

その行き着いたところが投資競馬です。
そして15年のキャリアが作り出した独自の投資競馬法で勝ち続けています。

投資競馬とは何か?競馬で勝つコツ、その結果を実績にてブログで公開中。
 
kachi1.png

レポート配信スタンドで評価ランキング1位を獲得した
優良e-book(電子書籍)『競馬勝ち組の絶対法則』を無料で差し上げます。
詳細についてはコチラをご覧になってください。
 
 
▼ 人気の競馬ブログを見てみる ▼ 
競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ
   にほんブログ村 競馬ブログ 馬券術へ
にほんブログ村

 

競馬の仕組>オッズについて:カテゴリの記事一覧です。

2009年12月09日

オッズは生き物

指標としてのオッズ

競馬新聞やメディアでのレポートなど、
『この馬が強い・早い』という評価は◎○▲△×などの記号で表示されますので、
なんとなく誰でもその強さ度合いを簡単に知る事ができます。

数社の新聞各誌がこぞって全員◎を打つ馬があったとしたら、
全員一致で『一番この馬が強い』と自信を持って推薦するわけですから、
当然のことながらそれがガチガチ鉄板不動の単勝1人気になる事は明らかです。


さて、そういう絶対的人気な1番人気はさておいて、

この『人気=オッズ』って時間が経過するにしたがって
コロコロとめまぐるしく数値を変えていく事を知っていますか?



メディアや新聞の評価の結果によって、それを参考にした人が
強い馬だから勝ちやすいはずだと思って投票する。

投票した人(賭け金)が多ければ多いほど馬券が売れる。
売れれば売れるほど配当が安くなっていく、という流れを作ります。

しかし実力も実績も調子も五分五分、ほぼ同じ能力の2頭の馬がファンの賛否両論、
ほぼ同等の投票数だった場合このオッズは、どう変化していくのでしょうか。


答えは時間の経過と共に人気が入れ替わったり、
人気が抜きつ抜かれつの僅差のデッドヒートを最後まで繰り返すはずです。

朝一番、9時30分の時点で単勝5番人気だった馬が、
昼のオッズで7番人気になっていたり、
締め切り直前確定オッズでは3番人気になっていたり。



1番人気馬でも、朝一オッズでは2.2倍だったのが、昼には2.0倍、
締め切り直前オッズで急激に1.6倍まで急激に売れたり、

とにかくオッズはずっと一定せずに、逐一よく動くものです


オッズはこのように、現実に『人がリアルに投票した証』として
身銭を投入した証拠となって現れているのです。

つまり、
競馬新聞やメディアの評価とオッズとは、ほぼ近い結果に収まる、
という傾向があると言えるでしょう。


…ということは、

逆をいえば馬の評価を知る指標としてオッズを利用すれば、
他人が予想した馬の強さ具合を自分は一瞬で知る事ができる、

という逆の発想が成り立ちますよね。


この馬の血統はノーザンテーストで、
過去戦績が何戦何勝で、
今回の騎手は誰で、
距離・脚質・芝(ダート)・コースの得手不得手がどうで、
相手馬がこれで…

だからこのレースはこの馬がイチオシ!



…というような細かい分析を時間を掛けて自分がせずとも、

『単勝1番人気1.4倍』

この数字が この馬が一番強力に強い評価を受けてますよ、
という事を皆に一瞬で教えてくれてるわけです。


つまり予想する力も、馬を見る目も全くなくても(極端に言えば
馬や騎手の名前すら全然知らなくても)次のレースでの各馬の評価はこれです!


という一覧表を見て判断するようなもの、
と考えたらいいでしょう。



私の投資理論では、
その程度の事を知っていれば予想せずとも十分、だと思います。

posted at 00:18
Comment(0)
カテゴリー:競馬の仕組>オッズについて
エントリー:オッズは生き物
2009年12月04日

オッズと人気

■人気とオッズは似て非なるもの

特定の馬に投票される『資金量』によってその配当(倍率)=オッズが決められる、
という事は先述したとおりですが、

つまり投票が一番多い馬(券種)が『1番人気』という呼び方を
されるという事になります。


勘違いしやすいのが、競馬新聞やメディアや予想家たちが
『この馬は鉄板だ』などと評価した場合に
強い馬→人気が高い→1番人気→だからオッズが低い、

というように解釈してしまいがちですが、
それは明らかな誤解なんです。


あくまで『投票されたお金』が1番多い=それが1番人気である
それだけの事に過ぎないわけなんです。

なので、メディアや予想家達の絶賛(評価)具合でオッズが
より低くなる、という解釈をしがちですが、
意味合いはそうではないという事を覚えておかれると良いでしょう。



■1番人気の実態

当たり前の事なんですが、1番人気であるという事はより多くの人が評価した証明付きの馬である、
という事はこれで理解できたと思います。


では1番人気であれば、必ず1着になるのか??


…と言えば、そうではないという事は
誰でも理解している事なのではないでしょうか。


歴代の名馬と呼ばれる功績を残した一部のサラブレッドなら、
そのあまりの強さ故にほとんどの出走レースを1着、悪くても
3着以内という見事なまでの結果で生涯塗りつぶしてしまう
事もあります。

そこまでズバ抜けた才能を持つ馬だけに限って言えば、
1着になる可能性を狙えば非常に高い確率だ、と言えますし
賭ける価値も十分にあると思います。

そんな特定の馬だけの話はさておいて、
一般的に単勝1番人気の馬が1着になる確率って、平均的に
どんな数字になるのか、あなたは調べてみた事があるでしょうか?


年度によっても結果はキッチリ一定してはいませんが、
およそ約32〜36%という数字です。

不思議な事にほぼ毎年この数値は近似値となって納まっています。


しかしこれは、1番人気であれば何もかも一緒くたの
条件での話ですけどね。
朝の1レースから最終12レースまで、すべてのレースに
1番人気馬は存在します。

例えば1枠@とAの馬、このレース出走馬の中では共に能力が
どちらも優れていて実力も互角だ、どちらが勝ってもおかしくない…
さらにB、C、Dも能力面では十分に勝ちの可能性を秘めている。

というような状況下では、@もAもほぼ同票、B〜Dどの馬でも
勝つ可能性はかなりある。

投票は抜きつ抜かれつ、どちらかと言うと、Aが微差で僅差の
1番人気…そこで投票締め切り。


と、こんな場合では、Aが1番人気という事になりますが、
それ以外の馬も投票ではそれほど激しい差はついていません。

この場合の1番人気Aの馬も、2番人気の@の馬もオッズは
ともに3倍台程度、3番人気以降の馬数頭は4倍〜9倍になるはずです。


逆に最盛期のディープインパクトなど、

『1着はこの馬以外にあり得ない』と言われるほどの鉄板馬
であれば単勝オッズで1.1〜1.2倍と決定的な圧倒人気になり、
その場合の2番人気は10倍台という独壇場かも知れません。


そして、このどちらのケースでも『1番人気』というステータスは
変わらない、というわけです。

posted at 00:27
Comment(0)
カテゴリー:競馬の仕組>オッズについて
エントリー:オッズと人気
2009年11月26日

オッズはどうやって決められる?

■オッズの仕組み

控除率の差し引かれた後の『場』にプールされた賭け金、
この残りの賭け金によってオッズは決定されます。

いわばその総額は『分配金』ということになるわけですが、


それが具体的にどうやって決められているのか、その仕組みを分かり易く単純に説明しましょう。



・@ABCDという5頭の馬がレースに出走するとします。
・26名がこのレースに投票するとします。
・この26名はすべて単勝(1着になる馬の1頭)を券種に選びました。
・単勝に賭ける人がこの26名で全員だったとします。
・便宜上、賭け金は一人必ず100円だったとします。



ここで、

10名が@が1着になると思い、@に賭けました。
6名がAが1着になると思い、Aに賭けました。
5名がBに賭けました。
4名がCに賭けました。
1名がDに賭けました。



ここで26名が100円ずつ賭けて、出走締め切り時間となりました。

JRAの売り上げは26名×100円で2600円です。
単勝の控除率は20%ですから、控除金は2600円×0.2=520円。

締め切った瞬間に、この520円がJRAの粗利益となり場から差し引かれます。


では、残ったのは 2080円。

賭けた馬が勝った場合に、26名に公平に分配するように計算しなければなりませんね。

どうすれば公平な分配になるか、計算してみましょう。

@は10名が賭けていますので、@が勝てば2080円÷10、
Aは6名が賭けていますので、Aが勝てば2080円÷6、
Bは5名で2080円÷5、
Cは4名で2080円÷4、
Dは1名で2080円÷1、

よって各馬の配当倍率と人気は、賭け金100円ベースとして

@200円(2.08倍→切捨て2.0倍)…単勝1番人気
A340円(3.46倍→3.4倍)…単勝2番人気
B410円(4.16倍→4.1倍)…単勝3番人気
C520円(5.2倍)…単勝4番人気
D2080円(20.8倍)…単勝5番人気(最下位)



ということになります。


このまま締め切りとなれば、これが確定オッズとして決まります。




実際の競馬やオッズはこれほど単純な反応や結果を示すものではありませんし、
複勝も連帯馬券もそれぞれにオッズは計算されます。
もっと莫大な人数が投票にかかわっていて、もっと複雑な計算式が必要となります。


『ただ、券種ごとによってオッズは連動していない。』
(オッズは券種ごとに独立して計算されている)


といことだけは覚えておかれたほうが役に立つことがあるかも知れません。


ようは、
オッズ(配当)と人気とは比例し、投票によってオッズも人気も締め切り直前まで
常に不安定に動きまくっている。

という事が理論的に理解できればいいのです。

決してJRAが勝手に決めているわけではないんですね♪

dummy dummy dummy
FX
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。